腕の筋肉が痙攣してピクピクしたり、しびれる場合の処置方法とは?

腕の筋肉がピクピクと痙攣したりしびれたりする症状は、筋肉が固まっている状態の時に起こることが多く、処置方法としてはゆっくり休ませることが大切です。

通常であれば筋肉は脳からの指令を受けていつでも動ける状態にしていなければならないのですが、疲労をしていたり同じ姿勢ばかりとっていることで筋肉が固い状態になっていると、脳からの指令にスムーズにこたえられなくなってしまいます。

自分の意識とは無関係に、腕がピクピクと痙攣したり、しびれが起きるということは、強制的にほぐそうとしている状態です。

また体内のミネラルが不足することで、ミネラルのバランスが崩れたりすると、脳からの指令がうまく伝わることができず、腕にピクピクとした痙攣やしびれがひきおこされることもあります。ミネラル不足は栄養が不足していることで起きるだけでなく、利尿剤などの副作用や、たくさんの汗をかいた時にも起こることがあります。

これらの症状に対する処置方法としては、多くの場合は疲れから発生することが多いのでじんわりと温めたりストレッチを行うことでゆっくりと筋肉を伸ばしてほぐすようにしましょう。

またすぐに収まるけれども頻繁におこるというような場合の処置方法としては、海藻などのカリウムを多く含む食品を意識してとるように心がけましょう。

筋肉 腕 痙攣

コメントは受け付けていません。