筋肉の痙攣の症状の種類って?こむら返りやぎっくり腰も筋肉の痙攣の一つ?

自分の意志とは関係なく表れることになる筋肉の動きの一つで、収縮が続く状態となる痙攣には様々な症状があるものとなっているのですが、実はその中には質問内で挙げられているこむら返りやぎっくり腰も入っています。

実はこのこむら返りとぎっくり腰は過度の運動による筋肉の疲労を原因としている痙攣に属する症状となっており、そのメカニズムは運動のし過ぎで身体が疲労することによって命令の伝達に関係している筋肉内のカルシウムやマグネシウムなどのバランスが乱れるために収縮してしまうものとなっているのです。

この収縮が足で引き起こされるのがこむら返り、腰で引き起こされることになるのがぎっくり腰なのですが、これらは数多くある痙攣の症状の一つに過ぎず、他にもパソコンなどによる目の酷使や睡眠不足によって引き起こされることになるまぶたの痙攣や高い熱が引き金となって急に引き起こされることになる左右対称の激しい症状といったものがあります。

しかし上述したものは全てまだ軽いものとなっており、痙攣にはてんかんとウイルス性脳炎などを始めとする全身を対象とするものや字が書けなくなる書痙などといった多くの重い症状があるものとなっているのです。

筋肉 痙攣 症状

コメントは受け付けていません。