筋トレの間隔|筋肉痛がある場合などは、どれくらいの休憩や休養を取るべき?

筋トレを行う間隔は、筋肉痛がある場合は特に2〜3日間休憩・休養を挟むべきです。筋トレに必要な三要素は、トレーニング・栄養・休養であり、トレーニング後の筋肉痛においては休養が最も大切なファクターとなります。

筋トレを行った上で発生した筋肉痛の場合、一箇所を集中的にトレーニングしてしまった結果発生する痛みであるため、同じ箇所をさらに集中して行うと筋肉の細胞を壊してしまい、負傷してしまう可能性が高いです。

筋肉を休憩させる期間、修復・超回復に必要な時間は48〜72時間とされているため、冒頭の2〜3日という間隔の根拠となります。

その休憩の間隔・インターバルの間、トレーニングはできませんが、ジョギングやウォーキングなどの軽い有酸素運動を行うのは有効です。筋肉の痛みを和らげ、症状を緩和します。

筋肉をほぐすのに有効なマッサージやストレッチ、お風呂に長時間つかるなどの対処は、全て血行促進を促す行動。筋トレは行うべきではないですが、トレーニングはしたい、軽く運動したいという場合は、有酸素運動は血液の流れをよくして筋肉痛の回復を早めてくれるのでおすすめです。ただし、あまりにも一箇所が痛むようでしたら、休止して休むようにしましょう。

筋トレ 間隔 筋肉痛

コメントは受け付けていません。