筋トレをして筋肉痛が遅れてくる原因となかなか治らない原因とは?その対策って?

筋トレで筋肉に過度の負荷をかけた場合、翌日に筋肉痛になる人が多いです。若い頃には、部活やスポーツ少年団等で毎日のように筋トレをしたりして筋肉痛になる繰り返しをしていたため、体が負荷になれて痛みが治らない事はないと思います。

しかし、加齢と共に運動をする人が減少してきます。加齢が筋肉痛が治らない事や遅れてくる事の原因ではありませんが、どうしても、若い頃と比較すると損傷している筋肉を修復する機能が弱っている事が事実です。

運動不足を解消するために筋トレをしたいという人も多いのですが、筋肉痛が治らないとトレーニングが億劫になり、気が進みませんよね。ましてや、遅れてくる筋肉痛の対策を怠ってしまってはいけません。

筋肉痛が遅れてくる原因は、筋肉を修復する際の炎症と回復能力の低下と判明しています。なので、事前の対策をする事が可能です。その対策として、第一に十分な休憩をする事が挙げられます。

トレーニング後にアイシングと共に筋肉を休憩する事により炎症を緩和する事は出来ます。また、プロテインを摂取して筋肉に栄養を与える事も有効です。プロテインには、筋肉を修復させるために必要な成分が多く含まれているため原因を取り除くためには必要なのです。

やはり、休息や栄養摂取によって人間の自然治癒力を活かした対策をしたいですね。

筋トレ 筋肉痛 遅れてくる

コメントは受け付けていません。