筋トレでダンベルを使う場合の頻度は一日置きくらい?筋肉痛が治らない場合は筋肉を休憩させる方が良い?

ダンベルで筋トレをして筋肉痛になった時、一日置きの休憩ではなかなか治らないとされています。それは筋肉痛は完全に回復するまでに数日かかるからです。

この痛みが起こる理由は筋繊維に負荷がかかることで損傷してしまった筋肉が修復される時に回復しているからです。しかし一日置きに休憩と筋トレを繰り返していると筋繊維の回復と損傷のサイクルが合わず、ダメージばかりが蓄積してしまう為、なかなか治りません。

またダンベルを使うことで筋肉に通常以上の負荷もかかり、より損傷も大きくなります。そのことからダンベルを使わない筋トレと比べ、筋肉痛にもなりやすく、その度合いも増すことが多いです。

損傷と回復のサイクルをしっかりと理解し、正しく行っていくことができれば、筋トレをして筋肉痛になってもきちんと治るでしょう。

ただし、筋繊維の損傷があまりに大きすぎると通常のサイクル以上に時間がかかってしまうこともあります。そのためダンベルを用いて鍛える際、どの程度の負荷で筋トレを行うかを把握しておく必要があります。

そして一日置きではなく、筋肉の状態に応じて休憩を取り、回復させてから再開していくことが大切です。

筋トレ ダンベル 一日置き

コメントは受け付けていません。