筋トレで背中のこりやヘルニアを予防したり改善できる?背中が痛い場合は筋トレは控えるべき?

背中のこりや痛いとき、腰のヘルニアで起こる慢性的な腰痛はインナーマッスルと呼ばれる体幹の深いところにある筋肉が弱くなっていることが多く、お腹を膨らませるための腹圧という圧力が低下している事で起こると言われています。

筋トレでこのようなインナーマッスルを鍛える事で背中のこりやヘルニアが原因で起こる腰痛を予防したり、改善させる事ができるのです。しかしここでひとつ注意しなければならない事があります。

一般的に行われている筋トレでは背中の筋肉や風圧を高めるために腹筋や背筋を鍛えようとしてシットアップと呼ばれているいわゆる腹筋運動や懸垂運動などを行うとヘルニアなど背骨そのものに問題がある場合や痛いような場合さらに悪化させてしまう可能性があります。

また、背中のこりが酷い場合は、すでに筋繊維が硬くなってしまっていますので、そのような状態でも強い負荷をかけるような筋トレは望ましくありません。

このような時はまず。身体を動かすような筋トレは極力避け、なるべくなら専門家に相談をして、自分の体力や症状にあった筋トレメニューをつくる必要があります。このような理由から背中が痛いときやこりがある場合は注意する必要があるのです。

筋トレ 背中 痛い

コメントは受け付けていません。