筋肉の損傷は冷やす?温める?湿布を貼る、アイシングをする正しいやり方とは?

筋肉の損傷の対策をしていきたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、筋肉を冷やす方法と温める方法での対策があるのですが、基本的には筋肉を冷やしていくことが大切です。損傷した部位は熱を持ちます。そのためその部位を冷やすようにしていけば、早い期間で元の状態に戻すことができるでしょう。

温めるという方法も効果はありますが、筋肉をほぐす効果を持つため損傷を改善する対策とは違う効果となります。ですので冷やす方法と温める方法の違いをしっかりと理解しておかれるといいでしょう。

また効率よく筋肉を冷やしていきたいのであれば、湿布やアイシングを利用していくのがいいでしょう。湿布やアイシングを就寝前に利用しておけば、起床時に効果を実感することができます。

また湿布は動くとはがれてしまうこともありますので、自宅など運動をしないときに利用するようにしましょう。アイシングに関してはスプレータイプのものがメジャーですので、運動後すぐに利用したり、使いやすいタイミングに利用していかれるといいでしょう。

損傷の対処法は簡単に行えますので、正しい対処の方法を調べておかれるのも、今後の対策としていいのではないでしょうか。

筋肉 損傷 冷やす

コメントは受け付けていません。