筋トレをして体重が増えた場合の改善策と対処法とは?

筋トレをすると筋肥大するので体重が増えたということになる可能性があります。脂肪が同じ量減ったとしても、筋肉の方が重いので体重は増えることになります。筋トレで体重が増えたとしても、脂肪が減っているのであれば気にする必要はなくて体にとってはむしろ免疫力も高まって良いのですが、気になる場合の対処としては、摂取カロリーを減らすか、有酸素運動の割合を多くするという対処法があります。これによって、状況が改善するでしょう。

筋肉の繊維には速筋と遅筋がありますが、増えたら重くなるのは速筋の方で、遅筋は鍛えても重くはなりません。なので、持久力を高める運動によって脂肪燃焼をすれば、重くならずに脂肪が減るので軽くなります。

これによって改善し、対処として適切です。しかし、筋トレで重くなるのは良いことなので改善する必要もなく、気にせず無酸素運動も有酸素運動も継続いていくと良いでしょう。筋肉質で引き締まった体型にすれば良いです。ちなみに、脂肪も必要な分量というのがあるので絞れば良いとういうわけではありません。

一番良いのは、標準体重よりは重めで、筋肉の上に多少脂肪が乗っているような状態がもっとも健康で体に良いのです。

筋トレ 体重 増えた

コメントは受け付けていません。