筋トレをして体重を増やす方法|体重を増加させると筋肉を作りやすくなる理由って?

筋トレで効率的に体重を増やす方法は、大きな筋肉を鍛えることです。大きな筋肉を鍛えると短期間で太ることができ、その後の筋トレの効果も高くなります。

大きな筋肉とは、大胸筋、広背筋、大腿四頭筋、大殿筋です。この中でも下半身の大腿四頭筋、大殿筋は、とくに大きく、体重を増やすには効果的な方法です。大きい筋肉はエネルギーの消費量も大きいため、脂肪が落ちやすいため、一時的に体重が減少する可能性もありますが、食事の量も増えてきますので、直ぐに戻ります。

筋肉の量を増やすのであれば、食事の量や質も考えなければいけません。単純にカロリーを増やすということではありません。筋肉量が増加すれば、自然と食事の量も増加しますが、筋肉になりやすい食事をする必要があります。

体重が増えると、筋トレをする場合、エネルギーとして使える燃料が身体の中にあるということですから、さらに、筋肉を大きくすることができます。体重を増加させる効果的な方法として、プロテインを摂取することも有効です。

敬遠されがちな炭水化物や脂質も筋肉を鍛えるためには重要なエネルギー源です。これが不十分であれば、筋トレに必要なエネルギーを筋肉からとるという逆効果にもなりますので、充分に取ることが大切です。

筋トレ 体重 増加

コメントは受け付けていません。