アミノ酸を食事から摂ると疲労回復にも効果的?どれくらいの量のアミノ酸を摂取する必要があるの?

アミノ酸を食事から取ると疲労回復になるのかというのは、それはアミノ酸サイクルが関係しています。
疲労は血管内に疲労物質が溜まることによって、脳が疲労物質の蓄積を知らせるためにあえて脳が体を重くするなどの状態を作り出すことで知らせるために行なっています。

グルタミン酸やイノシン酸といったアミノ酸を肉や魚そしてキノコ類から摂取すると、これらの成分が代謝細胞に作用して血管の組織を修復するだけでなく前回の状態よりも強くします。

強くなった血管は前回よりも強いポンプ機能で血液を流すので、その強い血流に乗って疲労物質が流されるので脳の危険信号が解かれることになり疲労回復効果につながるというわけです。

その疲労回復効果を期待するために、どれくらいの量のアミノ酸を食事から摂取する必要があるのかも知っておくことが大事です。

その食事量としては、成人男性で体重が60キロであっった場合を基準にすると、その摂取量は肉や魚そして卵と大豆をバランスよく120グラムを目安に摂取すると疲労回復効果が期待できます。

しかし注意しなければならないことはアミノ酸は血管を強くするためにだけに使われるものではなく、それ以外の臓器の機能にも使用するため消費量が高いです。そのため朝昼晩と常に摂取しないと効果を発揮しづらいです。

アミノ酸 食事 疲労回復

コメントは受け付けていません。