筋トレで筋肉増加したい場合の睡眠薬はNG?寝つきが悪い場合の対処法とは?

筋肉をつけるには筋トレと睡眠時に分泌される成長ホルモンの働きが必要ですが、きちんと増加させるためには眠れないからと睡眠薬で対処するのはホルモンの質が悪くなるので避けるようにします。

人間の体は自然の睡眠と睡眠薬による睡眠だと、分泌されるホルモンに影響が出るようになります。自発的に眠ると成長ホルモンが活発に分泌されますが、人工的な睡眠だと成長ホルモンの分泌量が低下してしまうのです。

それだと筋トレを行っても、筋肉の増加がされにくくなります。眠れないからと対処のために睡眠薬を服用するのは、筋肉の増加を妨げるだけでなく体の健康にも支障をきたすようになります。

眠りを促す薬には体に悪い成分が含まれていたり、中毒性になる成分まで入っているものまであります。体のためには寝れない場合でも、薬で対処しない方が良いです。

眠れない場合の対処として、眠る前にリラックス効果のあるハーブティを飲んでみると睡眠が取れやすくなります。寝つけない人はストレスを感じていることがあるので、心身の緊張をほぐすようにすると改善することができます。

マッサージもリラックス効果があるので、筋トレで疲れた部分を揉むのもおすすめです。自分に合ったリラックス法で、ストレスを減らすと睡眠薬を使わず寝れるようになります。

筋トレ 睡眠薬 筋肉

コメントは受け付けていません。