プロテインの作り方|作り置きの期間はどれくらい?賞味期限の切れたプロテインは飲んでも効果はある?

最近よく耳にするプロテインですが、その作り方を説明します。メーカーや商品によって異なるのでパッケージの表示の量をよく確認したうえで、シェーカーにプロテインと水を加え蓋をしてシェイクします。作り置き用の商品ではないので注意しましょう。作り方は簡単なので必要量を作り飲み切りましょう。

一度作ったプロテインは飲み切るのが一番良いので、作り置きは避けましょう。やむなく保存するのであれば冷蔵庫で保管しましょう。プロテインは蛋白質であり、微生物に分解されやく、変質しやすいのです。

冷蔵庫に保管していても保存期間云々は言えないと思いますが、1日以内に飲み切ることがおすすめです。なるべく作り置きは避けましょう。常温で保管した場合、どの程度の期間が安全かというデーターはでていませんが避けた方がよいでしょう。作り方の説明をよく読んで下さい。

賞味期限についてですが粉末タイプのものについて述べると、開封しても密封できるようにはなっています。がなるべく放置しないで既定の期間で使いきりましょう。高温多湿の場所は適しません。

賞味期限内であっても状況によっては変質する恐れもあります。粉末の場合、見た目がさらさらで変化がなく、臭いの変化がなければ成分や効き目に変化はないです。賞味期限の過ぎたものでも効果はあります。

プロテイン 作り方 作り置き

コメントは受け付けていません。