プロテインの価格相場はいくら?コスパが良く安い値段で買えるプロテインはある?

プロテインの価格は製品毎の幅が比較的大きく、それ故に見方によっては値段の安いもの・コスパの良いものを見つけられる商品でもあります。

プロテインの価格を決定付けるのは、容量と成分の内容であると言えます。容量については多いほどグラム当たりの値段は安い傾向があるものの、製品によっては大差無いというケースも見られます。差が大きい製品については、1500グラムを超える容量の辺りからコスパが格段に良くなる傾向にあります。

次にプロテインの成分の内容ですが、タンパク質以外にも様々な成分を配合している場合、そこに製造コストの高い成分が含まれると価格は高めになります。

また肝心のたんぱく質については原料の違いが大きく、大豆由来のものは値段が安い傾向にあります。但し大豆タンパクは乳由来のもの等と比較すると味覚には劣り気味で、糖分の添加を増やす傾向があります。タンパク質の量当たりで見たコスパは、意外に良くないケースもあります。この点については、製品毎の成分表示の確認・比較が必要です。

これらの点から考察すると、製品に占めるたんぱく質の割合が多く、且つ容量が大きめという製品がコスパ面では優秀となります。実際の価格設定にはブランド力が加味されたりもするので、敢えて有名で無いメーカーの商品を狙って見るのも効果的です。

プロテイン 価格 安い

コメントは受け付けていません。